【五反田校】9/18 (金)上級ⅣD第6回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅣD教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<体幹中央を整え、全身の体幹力を向上させる!>
★体幹力獲得メソッド~体幹中央編
・腕、肩、脊柱の連動性能をチェックする1、2、3
・下肢からの影響をチェックする
・乳様突起を調整して頭部を脊柱上に載せる
・筋緊張による肩関節の不正な捻れを解消する
・小胸筋の過緊張を解消して肩甲骨の自由度を向上させる
・前方に変位しやすい肩を調整する
・肩関節の回旋運動をサポートして上腕肩甲リズムを調整する
・肩甲骨~脊柱~骨盤の連動性を整える

「体幹力獲得メソッド」の最終第3弾として、『体幹中央を整え、全身の体幹力を向上させる!!』をテーマとした「体幹力獲得メソッド~体幹中央編~」学んでいただきました。

肩甲骨が背中に張り付いたかのような状態になると、脊柱の動きが制限されることにより体幹力が著しく低下し、頭部を充分に支えることができなくなる、これって見落としがちなポイントではないでしょうか?

肩甲骨が正しい位置にあることで余分な負担のない良い姿勢が保たれ、肩甲骨が正しく動くことで運動性能が発揮されるのだと、私は解釈しました。

そして今回新たにレクチャーされた「肩関節のゼロポジション」、これはしっかり理解しておきましょう。治療の際のアプローチの形として、スポーツのパフォーマンス向上のベースとして、大変役に立ちますよ!!
私はこれを知ることで、サーフィンのパフォーマンス向上が実現できました。

次回は「気導術的ストレッチ法 ~皮膚・筋膜アプローチ編」をお届けいたします。
“筋膜リリース”がキーワードになる、このテクニック。
凄いです!!!私の治療においては、必須のアプローチになっています。
ぜひぜひ、ご期待の上ご参加ください!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP