【五反田校】11/6(日) (日)上級ⅤA第12回

五反田校上級ⅤA教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<スムーズに連携する活気あふれる身体を手に入れる!!>
★三層活性調和法(皮膚・筋肉・骨)
・活性調和の目的例
・自身の手に「治す手」の役割りを持たせる(神の手)
・手の屈託を解消する
・皮膚・筋肉・骨を調和的にアプローチする
・皮膚・筋肉・骨の三層を活性調和する

今回もキーワードは「活性調和」です!

人の身体は各所が連携して働くことで運動を行ったり、代謝システムを動かしたりしています。それ故、生命力や活動力の発揮が充分なものであるためには、身体各所の連携がスムーズであることが必要となります。その重要性は、各活性調和メソッドで実感いただいた通りです。

各部が活性調和している状態とは、イメージ的に「活気があり、それぞれに仲良くお互いを尊重しながら助け合っている状態」といえます。

これは職場など集団活動の場になぞらえてみれば、非常に納得のいくことですよね…。
例えば「どんよりと重い空気が漂うような暗い雰囲気のなかで、誰もが周りに無関心で会話もなく、辛気な表情で面倒臭そうに必要最低限の仕事だけをしている職場」があったら、どうでしょう? 
嫌ですよね~。絶対仕事の効率なんて求めることもできずに、先を予想するのも簡単ですよね。

反対に「活気に満ちて笑顔が溢れる、誰もが全体を見ながらお互いの立場を尊重し、互いに思いやりをもって助け合う職場」、理想的ですよね!
そんな職場には、互いに相手の力や可能性を引き出す相乗効果も生まれるでしょう。否定の余地なく、明るい未来を想像できますよね!!

身体も同じなのですね…。

活気あるところには「笑顔」が溢れます。私たちが気導術を通して求めるのも「笑顔」です。

「笑顔」を求めて気導力を注入した結果は、筋肉が緩むだけでなくその部位が元気になる!
驚きの新感覚でしたね!!
皆さまこの三層活性調和法をどんどん使って、これまで以上に「笑顔の発信源」になってください!!!

私は今、サーフィンをやるなかで「海との活性調和」を試みております。それによりサーフィンが上達し、今以上に楽しめる何かがつかめるのではないかと感じているからです。
皆さまも、この考えを生活のなかに取り込むことで、楽しく過ごしやすい時間が多くなるのではないでしょうか…。

本当に早いもので、今回で上級Ⅴも終了となりました。
1年間のご出席、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
皆さまのご要望にお応えして、次回より上級Ⅵを開講させていただきますので、これからもよろしくお願いいたします。

大井 洋

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP