【五反田校】8/22 (土)初級B第11回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校初級B教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<免疫力を調整する>
★椎骨インプット
★肝腎テクニック
★胸腺調整
★腹部調整
★胸郭拡大法
・無言カウンセリング術

今回は、免疫力を調整するための各種テクニックを学んでいただきました。

『免疫力』とは簡単に言えば、「病気などに対する抵抗力」です。
もう少し詳しく言えば、「病原菌やウィルスなどの外敵の侵入を防いだり、体内にできた自身に害をもたらす細胞を除去するという自己防衛機能」ということになります。
ここでちょっと注目していただきたいのが、今回のテーマが「調整する」となっている点です。先ほどの説明を読まれて、病気に対する抵抗力ならば“強い方が良い”「調整する」ではなく「強化する」なのではとお考えになった方がいらっしゃるのではないでしょうか?

免疫力は本来、生命維持のための自己防衛機能です。しかし免疫力が強くなり過ぎる(活発になりすぎる)と、命を脅かすほどのものではないものに対しても過剰に反応するようになってしまいます。この状態が、花粉症に代表される「アレルギー症状」です。

したがって『免疫力』は、命を脅かすものに対してはしっかり反応して、そうでないものに対しては適度なルーズさを持つことが必要なのです。だから、「調整する」なのです。

今回レクチャーさせていただいたテクニックのなかで、特に重要なのは「椎骨インプット」です。手技的な要素が強いこのテクニックですが、気導術においては基本中の基本ですので確実に身に付けておいてください!!今後あらゆるシーンで役に立つテクニックです。

早いもので、次回は最終回となりました。
身体各部位の「気の流れ」を積極的に整えることにより、症状を改善させる気導術らしい「サマンサテクニック」を学んでいただきます。
ぜひ、ご期待ください!!!

この教室、皆さまとても熱心で、熱気あふれる楽しい教室になっています。
気導師の皆さま、機会があったらぜひ盛り上げに来てくださいね!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP