【五反田校】7/17(金)上級ⅤD第4回

五反田校上級ⅤD教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<生命力溢れる呼吸の力を身体と脳から引き出す!>
★身体と脳の呼吸力活性メソッド
・外界と内界の物質交換システム
・呼吸に関わる身体調整の例
・肺と外界内界を繋ぎ身体の呼吸力を引き出す
・呼吸する手で相手と息を合わせる
・脳と脊髄の呼吸力を引き出す
・あらゆる姿勢での呼吸力を確保する

前回までシリーズでお届した「意識力の神髄」が終わり、今回からは<生命力>に着目したテーマとなりました。その第1段は『生命力溢れる呼吸の力を身体と脳から引き出す!!』をテーマとした、「身体と脳の呼吸力活性メソッド」を学んでいただきました。

必要な物質を外界より摂り入れ、不要な物質を外界に排出する代謝。この物質交換システムが不調になると生命は健康を維持できなくなり、その停止は死を意味します。その中でも最も重要な代謝が「呼吸」です。

「呼吸」は人が生きる上で欠かせない生理機能ですが、「呼吸」は他の身体の生理機能と全く異なった性質を持っています。心臓や胃腸が担う生理機能は、自分の意志で自由に止めたり強めたりはできませんが、「呼吸」だけはこれだけ生命にとって大切な生理機能でありながら、自分の意志でコントロールすることが可能なのです。つまり、唯一自分で自在に操れる生理機能ということになります。このことに早くから気付いてノウハウを蓄積したのが「ヨガ」や「気功」です。

また「呼吸」には生理機能としての働き以外に、何か不思議な力があるとの見方もあります。東洋の思想では、呼吸によって命のエネルギーを取り入れる、身体の外界と内界で気というエネルギー物質を出し入れする行為、すなわち『生命エネルギーの循環』と考えられています。さらに哲学者や宗教家においては、『人と、より大きなものを繋ぐスピリチュアルな営み』として捉えているそうです。

このように見てみると普段何気に行っている呼吸ですが、その力の強弱が健康力や生命力を左右する大きな要因であることは明らかです。今回は生き物としての生命力の土台を強固にするために、「第一次呼吸」をもターゲットにした呼吸の力を引き出すアプローチ法を身に付けていただきました。

実習の際には、全身で行う呼吸の力強い感覚や、脳と脊髄の呼吸力が引き出されたことによるなんとも表現しがたい心地良さを、皆さまに実感していただけましたね。

「脳と脊髄の呼吸力を引き出す」メソッドは免疫力の調整に効果的であることはご想像の範囲だと思いますが、様々な症状を改善する突破口となりえるメソッドですので、ぜひご活用ください。

次回は“消化管を身体と調和させ生命力の土台を築く!!”をテーマとした、「消化管活性メソッド」です。意識力を用いながら消化管を身体と調和させ、生命力の土台を築くメソッドを身に付けていただきます。
何とも不思議な体験をしていただきますよ!
皆さま、ぜひぜひご期待のうえご参加ください!

大井 洋

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP