【五反田校】5/15(金)上級ⅣD第2回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅣD教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<2か所の動作関連ポイントで軽快な生活動作を手に入れる!>
★生活動作改善~2か所の関連ポイント
・手を伸ばして前方の物を取ろうとする動作
・片手を頭上に上げる動作
・両手を頭上に上げる動作
・上方を見上げている動作
・片手で床に落ちたものを拾う動作
・両手で床から重いものを持ち上げる動作
・椅子から立ち上がる動作
・片手でハンドバッグを持って歩く動作
・肩にバッグをかけて歩く動作
・大股で歩く動作

今回は、「2か所の動作関連ポイントで軽快な生活動作を手に入れる!!」をテーマに、『生活動作改善~2か所の関連ポイント』として、様々な日常生活動作に関わる見落としがちな関連ポイントと、そのアプローチ法を学んでいただきました。

日常における椅子から立ち上がる、洗濯物を干す、バッグを持って移動するなどの何気ない動作においても、多くの筋肉が協調して働いています。この協調して動く筋肉群のなかで充分な力を発揮できない筋肉があると、スムーズな動きに歪みをきたし、身体各所に余計な負担を強いることになります。

したがって日常の生活動作を軽快にこなせる身体は、健康維持の基本であり、健康状態の基準値であるともいえます。

今回は10種類の生活動作を例にあげ、それを改善するための施術において見落としがちなポイントが、各動作に対して各々紹介されました。
皆さま、「えっ、そんなところが!?」と驚かれていましたね…。いつものことではありますが、目から鱗だったのでは…。

人の身体って、本当に良くできていますよね~。
私は今個人的に、動作における連動性というか、連動して働く筋肉の動きにとても興味を引かれております。研究したいです!

次回は「生活動作改善~2か所の関連ポイント Part2」です。
またまた、新たな発見が必ずあります。
ぜひぜひ、ご期待の上ご参加ください!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP