【五反田校】5/4(日)初級A第4回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中の多くの人が心躍らせているゴールデンウィーク真っ只中、遊びではなく気導術を選択し、五反田校初級A教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

今回の教室の前には、前回の教室をご欠席になられた方のための補講を行わせていただきました。朝早くからの開催にも関わらずご出席いただいた先生方、ありがとうございました。そして、引き続きの正規授業に加えて授業後の補講のフォローアップで延べ約5時間に及ぶ長丁場、本当にお疲れさまでした。

<自身に気を導く!>
○自己エネルギー注入法
※「臍穴」「恥骨穴」「眼穴」の復習
・「側頭穴」 解説

手のセット全4パターンのうちの最後、「側頭穴」を解説させていただきました。この形は自己エネルギー注入法の手のセットの中で、セット前に“前側頭泉門にインプット(次回の教室にて)する”という手順が入る、唯一のパターンです。

前側頭泉門はストレス遮断のアプローチポイントなので、そこにインプットしてからエネ注することで、ストレス遮断の効果があります。

これで自己エネルギー注入法のやり方を、全て学んでいただきました。いろいろ試してみてご自身に合う形を見つけるも良し、今日は目が疲れているから眼穴で、今日はストレス溜まっているから側頭穴でと、その日の体調に合わせて使い分けてみるのも良いと思います。

<物質に気を充満させる!>
○物品注入法

気を入れた物を置いて空間を区切る。すると、そこがパワースポットになるって、すごいことですよね。

実際、私も横浜で整体院をやっていたころ、施術室にしていたリビングの角々に気を入れた石をおいてパワースポットを作り、更には施術用のベッドにも気を入れておきました。すると多くの方から、「ここ居心地良いよね…」とか「このベッド落ち着くわ~」などのお言葉をいただいておりました。何も言ってないのにですよ!

その代り、遊びに来た友達もなかなか帰らなくなりますので、お気を付けください。

<深部まで気を届かせる!>
・AA式インプット法
・設定

自身の手の中で作った気の球を、受け手の身体の深部に放り込む。同時に、その箇所に『意識付け』をする。

このテクニックは、この先気導術を使っていく中で非常に重要で、かつ随所でキーとして使われるテクニックなので、方法とその意味を正しく理解しておいてください。

5本の指で卵を縦に持つような手の形と、「○○○さん、ありがとう」のリズムでタッピングする。これがとても重要なことですので、何度も繰り返し練習してみてくださいね!

最後に、複数の方から同時に気を入れてもらいましたね。皆さん初めての経験で、ある種軽い衝撃を受けられたのでは…。

次回は6/1で、いよいよ気導術の肝「インプット法」を学んでいただきます。楽しみにしていてください。

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP