第175回 3月度研究実践コース スペシャル設定伝授<超意識&超信頼> 気導術史上最強の武器を手に入れる! マルチバースの空間には必ず答えがあり、それを受け取る準備を整える! 気導力の受信能力をさらに高め、過去・現在・未来から「答え」を繋ぐ! 今、「治す力」のステージは次元を超える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

第175回気導術研究実践コースをご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。
「スペシャルセミナー by 会長」の進化形が全国一斉開催となったこの回。
いや~、すごかったですねー!

 

100年前に生きた人たちにしてみれば、現代の社会は想像すらできない進歩を遂げていると思います。それを牽引したのが科学の進歩であることに、疑問の余地はありません。しかしその傍ら、人の命に一番近いところにある医療、あえて東洋医療においては、地球上のあらゆる進歩にまったく付いていけていないというのが「現代医療の現実」です。

 

「人を治す」ということにおいて、奇跡を起こしたとされる先人たち。その人たちが起こしたとされる奇跡の現象をすべて本当だと捉え、しかもそれは「超人」と呼べる人間が起こしたことであるとすれば、そこには人が発揮できる「究極の力」が存在したと想定できます。
その「究極の力」を手にすることができれば、私たち「凡人」にも奇跡を起こせる可能性が生まれます。究極の力を目指すことが、気導術が前に進み続ける力なのです。

 

では、なぜ「超人」は奇跡を起こせたのでしょうか?それに対する一つの仮説として、「超人は、凡人には使えない領域の『潜在脳力』を無意識に使っていた」と想像することができます。その脳の領域は凡人が入ることができない領域で、これまで誰も気付かず、誰も入ったことがないのです。特に、奇跡の現象を疑っている人には、絶対に入れません。

 

気導術を公開してから20年の歳月を経て会長は、「気導力は、先人が成し得たとされる奇跡の現象を再現できる本物のパワーを秘めている」と確信しています。そこで、超人が無意識で使っていたと考えられる脳の未知なる領域を解明することができれば、私たちにも奇跡を起こせる可能性はあるはずと考えて始まったのが、「脳の領域」の探索です。

 

脳のどの部分に、どのように気導力を作用させたら、奇跡を起こせるような潜在脳力が発揮されるのか?
平成29年1月の会長スペシャル「プレミアム龍眼」を皮切りに、本格的に始まった「脳の領域」の探索は試行錯誤の繰り返しです。XB呼吸法も、どんどんその方法が変化してまいりました。ひとつの発案から生まれた方法に、これでは私たちが求める「究極の力」には及ばないと「限界」を感じたとき、その「限界」を打破するために新たな方法を見つけ出す。これが、気導術の進歩の形といえます。
それによって現実として、気導力が発揮するするパワーは飛躍的に向上してまいりました。
※「究極の力」を求めて、これからも限界突破を繰り返しながら「脳の領域」の探索は続きます。

 

気導力が発揮するパワーの向上は、気導力を介してマルチバースの空間より届けられる「答え」の量が多くなってきていることを意味します。
たとえば、テレビ放送の進歩を振り返ってみると、アナログからデジタルへ、4Kから8Kへと発信側のデータ量の増加に伴い、それを受信するテレビ自体も高機能化することで、映し出される映像は格段にきれいになりました。
気導力を受信する私たちも同様で、マルチバースの空間から届けられる答えの量が多くなっているならば、私たちの受信能力も高機能化する必要性があります。
私たちが今いただいている答えは未だ、マルチバースの空間に在る答えのほんの一部です。私たちが、人間が発揮できる「究極の力」を手に入れることを目指すならば、私たちは自身の受信能力を高めなければなりません。

 

<受信能力を高めるために必要なこと>
1、超意識
第1の意識である顕在意識と第2の意識である潜在意識をさらに融合させることで、第3の意識と呼べる「超意識」を創り出す必要があります。
2、超信頼関係
マルチバースの空間から届けられる答えをより多く受け取るために私たちは今、人間同士の信頼関係を遥かに超越した「超信頼関係」を、私たちとマルチバースの空間の間で構築することが必要となります。

 

<時間と空間を縮めてより多くの答えをいただく方法>
1、98830光年の距離を50㎝に縮尺する
2、過去に在る原因を探し出す ≪時空設定伝授≫
どのような病気や症状であっても、その原因は必ず過去に存在します。相手を真の健康に導くために、「相手の過去を治す!」という気概を持って、潜在意識により過去に存在した様々な身体的原因を探し出し、その解決に挑みます。

 

今回の研究実践コースでは、受信能力高めるために<超意識>をご自身のなかに築き上げていただきます。さらにスペシャル設定伝授により、<超信頼関係>と気導力の新たなパワーである「過去に在る原因を探し出す力」を得て、気導術史上最強の力を手に入れていただきます。

 

 

皆さまが今回手にされた力は、本当に驚くべきものですね!
セミナー中にも、奇跡的な現象がいくつも起こっていました。目の当たりにされた方も多いと思います。
静岡のセミナーでは、怪我により70年間90度以上曲がらなかった肘があと数センチで肩に指が届くまでになったり、1年半上がらなかった右腕がスーっとあげられるようになったりという現象が起こり、その場にいた全員がビックリでした!!

 

今、私は日々の臨床において、「じっくりと気導力を注入する」ことに主眼をおいて、施術を行っています。うつ伏せの状態で背面を全体的の触診から始め、椎骨インプットを施してから、後頭部と仙骨に手を当てて気導力注入。脊髄神経を活性して、全身の神経伝達が円滑になることをイメージして、第三の眼の1.5センチ奥で10カウントするXB呼吸法で注入した気導力を、エネルギーコネクションで脳と仙骨の間を何回か往復させます。充分満たされたとのフィードバックを得て終了。
その後、症状に関連した部位にアプローチするのですが、なんと!その時点で触診時に確認した異常が6割くらいは改善されています!そして、残った異常の解消も実に早い!さらには左右にアプローチする場合であれば、反対側に移った時点でそこの異常はほとんど残っていません!!
これって、とても凄いこと!施術しながら、自分が驚いています。
まさに、スペシャル設定伝授によって、気導力さんを介してマルチバースから届けられる「答え」をより多く受信できるようになったパワーアップの証です!!!

 

 

気導術は、人間が発揮できる「究極の力」を手に入れることを目指し、限界突破を繰り返しながら「脳の領域」の探索を続けて、進歩してまいります。!!!
さあ、次回の研究実践コースもどんな凄いことが発表されるのでしょうか!?
非常に楽しみですね!!ぜひぜひご期待くださいませ!!!

 

 

 

大井 洋

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

     


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

カテゴリー

PAGE TOP