「会長スペシャルセミナー2020」報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

令和初のお正月を迎えた今年の1月。今年も開催させていただきました「会長スペシャルセミナー2020」!

9日(木)、10日(金)、12日(日)に東京本部にて、そして今年は19日(日)に福岡においても開催させていただきました。東京本部には3日間を通して170名を超える方々が、福岡の会場と合わせると200名を超える方々がお集まりくださいました。

東京本部での12日(日)はぎりぎりで背もたれのある椅子の数が間に合ったほどで、福岡では会場の収容人数限界でした!おかげさまで、どの日も大盛況のうちに幕を閉じました。

ご出席くださった皆さま、誠にありがとうございました!

 

 

~スーパーヒーラーへの道~ 『スペーススキャンテクニック』

いや~、驚きましたねー!すごかったですねー!!興奮しましたねー!!!

そして、何よりも楽しかったですね!

 

「潜在意識と潜在能力が「問題」を探し出し、その「答え」を導き出す!」

まさにその通りでしたね!

「えっ?それだけ??」と思うような単純な操作によって、顕在意識では全く認識できないのになぜか症状が簡単に解消されてしまう驚きの現象!!

なぜこれで???不思議…。これが皆さまの率直な感想でしょう。

 

本部講師の三本木がセミナー前のミーティングで会長にやってもらった時の第一声が、「えっ?なんで??」でした。(笑)

セミナー中もデモによって症状を解消してもらった受講生の方々は、楽を実感しながらも「?」がたくさん頭に浮かんで、すぐに言葉が出ない様子でした。その光景が、非常に微笑ましいかったです!!

 

私自身、本当に楽しく充実した、とてもよいセミナーだったと感じております!

正直、今日になってもその興奮冷めやらぬ状態でおります。

 

 

私たちはずっと、「気導術は常に進化している」とお伝えし続けております。それは皆さまもご実感いただいていることと存じます。

一般的な言葉の使い方としては、この場合は「進化」ではなく「進歩」だよねと思う方もいらっしゃると思います。言葉の使い方を正しく見れば、それが正解でしょう。

ただ、気導術の「進歩」の形は一般的な「進歩」とは異なっています。一般的な「進歩」の形は、社会や組織などのある集合体のなかで、あちらこちらで新しい発見や発明があって、ある時全体をマクロ的に見てみると平均的にレベルが向上したことを認識して、「進歩しているなぁ」と気づくものです。

しかし、気導術の「進歩」はそれとはまったく違うもの!常に、最上位のトップレベルが進歩しています!だから平均的なレベルアップではなく、頂点が一段も二段もレベルアップしていて、気導術に携わるすべての人が発揮できる最高の力がどんどん向上しているのです!!

この形は「進歩」という表現には収まらないので、私たちはあえて『進化』と表現していると私は捉えております。

 

気導術が『常に進化している』中でもこのセミナーで公開された『進化』は、これまでのベクトルの先とは少し外れたところ、さらにこれまでのトップレベルのラインより少し上の方で起こったと捉えられるもの!!!

今、私のなかには気導術の『進化』がさらに加速される予感が大きく膨らんでおります。

令和という新時代のなかで気導術がどんな形でどこまで『進化』するのか、ワクワク感が湧いて止まらなくなるセミナーでしたね!

 

ご出席の皆さま、お帰りになってからも身につけられた呼吸法を何度も繰り返して、しっかりと身につけてくださいませ!!その先には、皆さまが想像されているものよりずっとすごいものが、必ずそこにございますので!!!

 

 

 

大井 洋

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

           


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

PAGE TOP