【五反田校】6/16(金)上級ⅥD第3回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅥD教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<筋肉の機能を活性させアクティブに活動する身体を手に入れる!!>
★筋肉アクティベーションメソッド
・骨格筋の役割り
・筋肉の収縮と弛緩の特性
・筋肉の機能を活性して身体をアクティブにする
 ・能動的に緊張させる
 ・受動的に弛緩させる
 ・脳と筋肉を繋ぐ

上級Ⅵ第3回の今回は『筋肉の機能を活性させアクティブに活動する身体を手に入れる!!』をテーマとして、「筋肉アクティベーションメソッド」を学んでいただきました。

「筋肉は積極的に弛緩できない。“緊張しろ”という脳からの命令がなくなることによって結果的に弛緩する」
これが今回のメソッドの肝だったと思います。

筋肉はただダルダルに緩めば良いのではなく、弾力を保ったしなやでな柔らかな状態にすることが必要です。それは“使いやすい状態”にする、“使える筋肉”にするということです!

筋肉の性質を利用して短時間で“使える筋肉”にするこのテクニック、その効果に皆さま驚かれていらっしゃいましたね~。治療の現場で即使いたくなりましたよね!!

次回からは2回にわたって、「身体の流れ改善メソッド」をお届けします!
その第1弾のテーマは『身体中のクセによる淀みを解消して流れの良い身体を手に入れる!!』です。
皆さまにとっては血液の流れのほかに、人の身体には気の流れがあることは否定の余地のないところです。それらに加え、神経の伝達や筋肉の連動、重力の伝わり方なども身体中の流れと捉えて、「流れ」の良い身体の獲得を目指していただきます。

私は、この「身体の流れ」という新たな着眼点を得ることで、治療における視野がグッと広がりました!!

皆さま、ご期待の上ご出席くださいね!盛り上がってまいりましょう!!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           

カテゴリー

PAGE TOP