【五反田校】3/11(土)上級ⅦB第4回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅦB教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<インプット法を用いて身体を回復モードに導く!>
★施術力向上プログラムPart2
・順調な回復を妨げる原因
・インプット法と意識
・インプット法による改善の流れ
・意識の状態による回復度合いの変化
・意識を繋いで回復の許可を出す(相手)
・意識を繋いで回復の許可を出す(術者)

今回は前回に引き続き、本部長の施術の奥義が明かされていく『施術力向上プログラム』の第2弾。プロの方は当然のこと、周りの方をもっと治してあげたいという気持ちをお持ちの方、必見のこのシリーズ!
今回は「インプット法を用いて身体を回復モードに導く!!」がテーマとされました。

施術において、異常が順調に回復することを妨げる原因を解消すべくアプローチで、根治を目指すのは重要なセオリーといえます。しかし原因の解消が果たされても、回復力が足りていなかったり、回復システムが充分に機能しなかったりすると、やはり回復は難しくなります。この回復力の増幅やシステムの機能活性には、意識力が大きく関わっており、その正常化が回復のカギとなります。今回はインプット法を応用して、相手の意識を繋げることで「回復モード」に導くことを目指していただきました。

「回復モード」という言葉。
私はこれまでに気の教室において、“「人を治す」という行為は「人が『治るに至る』を助けること」である”ということを学び、深く実感してまいりました。
患者さんの症状を改善するということは基本的に、インプット法により隠れた異常を見つけ出して、気を流して異常を解消することの積み重ねで成立します。
“インプット法により隠れた異常を見つけ出す”ということは、当該箇所の異常を相手の脳に認識させて、相手の身体に元々備わっている回復システムを作動させる行為。“気を流す”ということは、そのシステムにより供給される回復力を増幅させる行為です。
この原理からして、異常を正常に回復させるのは相手自身の心身であるということ。

今回は、相手のなかに元々ある回復システムを機能的に活性させるテクニックを身に付けていただきました。
内容的には、昨年8月に開催した本部長スペシャルをより深く掘り下げたもの。
実習中にはこの半年で、本部長の予想を上回るほど皆さまの実力が向上していたことが確認され、全員がニコニコ顔になりました。
皆さまが手にした実力に、今回のテクニックが合わされば鬼に金棒ですね!!!

『施術力向上プログラム Part2』もまた、知っておかないと絶対損する内容でしたね!!

上級Ⅶの今後の展開は如何に???
次回はどんなことが披露されるのでしょうか!?
ぜひ、ご期待のうえご出席ください!!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP