【五反田校】9/12(土)上級ⅡA第10回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅡA教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<骨内部に気導力を満たし施術効果を持続させる!>
★バッテリーテクニック

今回は、『骨内部に気導力を満たして施術効果を持続させる』をテーマとした、「バッテリーテクニック(骨電池)」を学んでいただきました。

骨を電池に見立てたこのテクニック、相手の身体により多くのエネルギーを充満させる方法です。即効的な効果のみならず、継続的な効果が期待できます。

即効的な効果としては骨に気が満たされることで、その部位の芯(軸)がしっかりと安定した状態になります。その状態は、ダイレクトに筋肉を弛緩させたときとは異なった、「なんでか軽い」「なんか楽」といった不思議な感覚になります。
実習において、皆さまご実感いただけましたよね!

継続的な効果は、まさに電池の働きそのもの。
治療の際、もう一押しの改善を求める場合や慢性症状の改善に取り組んでいる場合などに、治療後にも症状のさらなる改善を促進することを狙って、ぜひご活用ください!!!

今回の教室の実習を通して、皆さまは自身の骨に気導力が蓄えられることを初めて実感されました。これによりこれまで意識していなかった箇所にも気導力が蓄えられることを知った皆さまは、結果自身の身体に蓄えられる気導力の総量が増えた形になったのです。

自己エネルギー注入時に、気導力を骨に蓄える意識を持ってみてください。これまで以上に、エネルギーの充足感を感じていただけるはずです。
私はセミナー前などに、両大腿骨にエネルギーをストックしておくイメージで自己エネルギー注入を行っています。

骨に対するアプローチは通常の治療において、一つのメニューとして適時取り入れることで、患者様の健康レベルを一段引き上げる効果が望めます。私は「外側からのアプローチばかりではなく、たまには内側から」という考え方で用います。

先日月1回のメンテナンスで来られている患者様の治療(1時間の自由診療)において、「骨にがっつりエネルギーを満たすことで、健康レベルを1段上げるからね」と説明して、骨へのAA式インプットと気導力注入、仕上げにアンクルパワーテクニックのみで1時間の治療を終えました。

その結果、翌朝その患者様から「骨骨効いてます!いつもより芯からパワーが出る感じです」とのメールをいただきました。

次回は「リストパワーテクニック・アンクルパワーテクニック」です。『5つの「くび」と全身の関係を活用し、症状を解消する!!』がテーマのこのテクニック、超優れものです!!
これも、本当に凄いですよ!!身に付けることで、つよ~い味方が増えますよー!!!
皆さま、ぜひぜひご期待のうえご参加ください!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP