【五反田校】4/17(金)上級ⅤD第1回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅤD教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<意識を身体に行き渡らせ本来の身体機能を発揮させる!>
★意識力の神髄1
・意識と本能
・身体への意識
・身体に意識を繋ぐ
・意識を繋いだ身体を変化させる(触れない世界)
・自身の手が発揮できる能力を高める
・触れることによりさらに繋ぐ意識を強固にする
・意識を繋いだ身体を変化させる(触れる世界)
・意識(意思気)を操り本能が制御する領域を活性化する

いよいよ、上級Ⅴがスタートとなりました。変わらぬ皆さまのご参加、本当に嬉しく感じております。

上級Ⅴの第1回は「意識力の神髄1」です。「意識力の神髄」は3回のシリーズでお届けします。これまでの教室とは毛色が違う、自身の精神面を主体としたアプローチ法がレクチャーされます。

このシリーズをすでに受講された方々が皆同様に口にするのは、「自分の手が変った」という言葉。それにより、「施術効果が上がった」とのこと。

第1回のテーマは、『意識を身体に行き渡らせ本来の身体機能を発揮させる!!!』です。
人は良いも悪いも「意識」が強い影響を与える生物として、進化を果たしたように思います。一般的に「意識が高い」といえる人は何事においても成長が早く、目標を達成する確率も高いということは、皆さまご納得のことでしょう。このように「意識」が人の行動を左右し、人の成長に大きな影響を与えることは、疑う余地のないところです。

「意識」は、身体に対しても強い影響力を持ちます。普段私たちは、休むことなく働いてくれている身体パーツのことを顧みることは、ほとんどありません。それだけ、身体に対する「意識」が希薄なのです。そのため存在を認識されなくなり、労いや感謝の意を向けられることのない身体は、気を害して100%の能力を発揮しなくなってしまいます。

それが、当たり前に生活している私たちの身体の状態です。自身の身体でも他者の身体でも人が「意識」を繋ぐことで、人の身体は気を取り直して本来の性能を発揮するようになります。

したがって施術において考えてみた時、それを知っていて気を取り直した身体にアプローチするのか、知らずに気を害したままの身体にアプローチするのかは、スタートラインが異なるわけで大きな差が生じます。

次回は「意識力の神髄2」として、『イメージを現実化させる意識力を手に入れる!!!』です。これも、さらに凄いですよ!!
ぜひ、「神の手」を我が物にしてください!!!
皆さま、ぜひぜひご期待のうえご参加ください!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP