【五反田校】2/28(土)上級ⅢC第9回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅢC教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<楽に眠れる身体を手に入れる!>
★快適睡眠獲得メソッド
・下肢後面の緊張を解消する
・臀部に溜まった疲労を解消する
・仙腸関節の開閉をスムーズにする
・大腿内転筋群の緊張を解消する
・肩関節の筋膜を柔軟にする
・肋骨の動きをスムーズにする
・肩甲骨周りの緊張を解消する
・首から肩にかけての緊張を解消する

Wikipediaによると
「睡眠は、心身の休息、身体の細胞レベルでの修復(いわゆる「自然治癒」)、また高次脳機能(記憶の再構成など)にも深く関わっているとされる。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌する。放出間隔は睡眠によって変化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進される。いわゆる「自然治癒力」(や「免疫力」)は睡眠をしっかりとることによって増すのである。また、ストレスの軽減にも睡眠は必要である。」
とあります。

気導術で目指す健康レベルの高い「治りやすい身体」を手に入れるためには、睡眠が絶対的要素であることは皆さまご存じのことと思います。しかしただ一定時間以上の睡眠をとれば良いというものではなく、心身の健康維持のためには『質の高い睡眠』が絶対に必要なのです。

今回は、身体の深部に潜んでいる関節や筋肉の固着などを解消し、どこでも眠れる身体のルーズさを得ることによって、睡眠の質を高めるメソッドを習得していただきました。

いつものことながらアプローチの一手一手が、全て他の目的のためにも有効に使えるものばかりでしたね!

大転子揺すりは、腰痛や下肢の症状に有効ですよね。ただし、いずれも痛みが酷いときは、選択しない方がよいかと思います。でも皆さま、人生初の感覚を体感されたのではないでしょうか!

「仙腸関節の開閉をスムーズにする」ポイントや「大腿内転筋群の緊張を解消する」ポイントについては、アプローチする箇所があまりに意外なところだったので、皆さま大変驚かれていらっしゃいましたね。

仙腸関節のポイントは、腰痛にとても有効ですよ!!
セミナーの実習時にレクチャーさせていただいたような使い方をすると、痛くてほとんど動かせなかった腰が動かせるようになったりしますので、ぜひ活用してみてくださいね!

また大腿内転筋群を緩めることは、お腹を緩めるために大変有効です。

今回も非常に楽しいセミナーでしたね~。

次回は「自然免疫力活性メソッド」です。関東においては花粉症のシーズン真っ只中の次回。本来シーズンに入る前から施術するととても効果的なのですが、花粉症でお悩みの方には症状を和らげられるチャンスですね!
次回も、ぜひお楽しみに~!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           

カテゴリー

PAGE TOP