【五反田校】3/1(土)上級ⅡC第9回

朝、静岡を発つときは降ってなかった雨が、五反田に着いた時には降っていました。
雨で足元が悪い中、五反田校上級ⅡC教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<手掌をエネルギー的に接続させ気導力を堆積させる!>
★エネルギーコネクションテクニック
・堆積の概念

気のエネルギーの操作(加工)法には大きく分けて、自身の中で加工して手から出すテクニックと手から出たエネルギーを操作するテクニックの2種類があります。

上級Ⅱでは手から出たエネルギーを操作するテクニックとして、これまでにサーキュレーションで「循環」・ラポール三角で「凝縮」することを修得していただいてまいりました。

今回はこれらに加え、「堆積」させるテクニック=エネルギーコネクション(通称「エネコネ」)を学んでいただきました。

「元々は一つだった」と設定した両手の各指と指・手掌と手掌は、両手の間にものが有ろうとなかろうと常にエネルギーでコネクションされており、その間で注入したエネルギーは手掌間に堆積していくことを実習にてご実感いただきました。

指同士を繋いだ「エネルギーの紐」も、目で見ていただきましたね。

このテクニックではスタートとゴールだけが決まっており、その間をどのようなルートでエネルギーを流すかは術者次第です。

また、骨電池など局所的にエネルギーを多く入れ、そこにエネルギーが滞留する時間を長くしたいときや、センサーとして気の通りの良不良を確認しつつ、通りの悪いルートに強制的に集約的したエネルギーを通すことで、気の流れを良くして改善を図る等の目的でお使いくださいませ。

大井 洋

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP