【五反田校】9/16(土)上級ⅤB第6回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校上級ⅤB教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<心・肝・腎を活性調和させ生命力高まる血液循環を獲得する!!>
★心肝腎活性調和メソッド
・心、肝、腎の関連ポイントをチェックする
・血流を触知しながら血液に気導力を満たす
・脈拍のリズムを適正に調整する
・目を通して肝臓を元気にする
・耳を通して腎臓を元気にする
・腎から膀胱にかけて老廃物の排出路を整える
・心、肝、腎のストレスを抜き身体に調和させる

今回は“生命力”シリーズの第3弾として『心・肝・腎を活性調和させ生命力高まる血液循環を獲得する!!』をテーマとした、「心肝腎活性調和メソッド」を学んでいただきました。

気導術に携わる私たちは、『気』が健康にとって必須の要素であり、その「量」や「質」、「流れ」が正常であることの重要性を深く実感しています。

ある意味逆説的になりますが、『血液』もそれと同様です。

血液は、全身を隅々まで巡りながら役割として、各所の細胞に必要な栄養素や酸素を届けるとともに、代謝産物や二酸化炭素などを回収する運搬係を担っています。
その役割を果たすためには、血流としての「流れ」が必要であり、加えて機能的な「質」を保つことも必要になります。

その「流れ」をつくり、「質」を保つために働き続けている臓器が、ポンプの役割りを担う「心臓」とダムの役割りを担う「肝臓」、そしてフィルターの役割りを担う「腎臓」です。

今回は、この「心・肝・腎」を意識力を用いて気導力で調整することによって、生命力がより高まる血液循環の獲得を目指していただきました。

動脈から血液に気導力を注入することで、身体の深部まで気導力を届かせる…。
各臓器と関係性が高い部位と各臓器を意識で繋いで気導力を注入する…。

その方法とその効果には皆さま、驚愕されていましたね!!!
身体への直接的なアプローチは皆無だったにも関わらず、皆さま全身が楽になっていらっしゃいましたものね!

いや~、またまた目から鱗のその効果、すごかったー!!!

皆さまの周りにも、血液に関係する症状でお悩みの方がたくさんいらっしゃると思います。
そのような方々のために、ぜひお役立てください!!!

次回からは新シリーズ、「気導力の自己調律」を2回にわたってお届けいたします。
その第1弾は、『気導力と自身の親和性を高めさらなる力の発揮を可能にする!!』がテーマです。
研究コースの「潜在能力~願いの連鎖~」のベースとなったこの内容、ご自身にとって何よりも強い味方を得ることで、皆さまが放つ気導力にさらなるパワーが加わります!!!
感動していただきますよー!!

皆さま、ぜひぜひご期待のうえご出席ください!!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           

カテゴリー

PAGE TOP