【五反田校】11/1(日)中級A第10回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校中級A教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<万能重心軸を作る!>
★パワースポットテクニック
・運動能力アップ
・スタイル、BWH調整、フェイスアップ
・学習能力アップ
・痛みの解消
<気導力の源からエネルギーを導く!>
★シンボルB

今回は「パワースポットテクニック」と「シンボルB」を学んでいただきました。

「パワースポットテクニック」が持つ効果は以下の2つ。
・直近に経験した動作に最適な身体の使い方ができる重心軸を作る(整える)
・覚えておきたい身体の使い方や維持しておきたい状態を身体に記憶させる

「パワースポットテクニック」はシンプルで見た目地味ですが、その応用範囲は非常に幅広いものです。
まず初級のクラスでは「立位瞬間バランス調整法」として使いました。立位でのバランスを整えてあげるだけで、バランスの乱れが原因で生じていた痛みは取れてしまいます。

私が一番期待しているのは、スポーツの分野で発揮するその力です!特にスランプに陥った選手をスランプから抜け出させることに、一番の期待が持てるでしょう。

スランプに陥った選手は、その原因が分からずに悩みます。原因を探してあーだこーだ考えて、考えても答えが見つからず頭でっかちになり余分な力みが生じることで、さらに調子を落としていくという負のループに陥ります。ひどいときにはスランプから脱するための練習が、故障を生んでしまうことすらあります。

優れた選手は理想的なフォームや身体の使い方のイメージを、しっかりと持っています。しかし身体のどこかでそれを乱す意識外の動きが生じることで、スランプに陥ります。こんなとき、その選手に理想的な動きをイメージしながらゆっくりとイメージ通りに身体を動かしてもらってから、選手の胸やお腹に「トン」としてあげれば、短時間でスランプから脱することができるでしょう!何故って、考えることなく本能的に身体に自動補正が働くのですから!!!
機会がなくて、まだ使ったことがないのですが…。自分の過去の経験から、間違いなく効果があることが予想できます。使ってみたい!!!

次に「シンボルB」。これまでに皆さまには、他者に気導力を導く方法として「ナポレオンテクニック」と「基本エネルギー注入法」を身に付けていただいています。「シンボルB」はそれらと同様に気導力を導くための新たな方法です。「シンボルB」の形自体が、気導力を導く力を持っています。

実習によってエネルギー溜まりができ、部屋のなかに気が充満してが室温を熱く感じたことで、その効力は充分に体感いただけたことでしょう!

ナポレオンなどで気導力を注入しながら目線でシンボルBを描くなどして、相乗効果を狙うようにお使いください。

またプロの方は、施術用のベッドの裏面などにシンボルBの写真を貼っておくことで、そのベッド自体がパワースポット(一般的な意味の)になるので、施術効果が上がりますよ!

次回は中級コースにおける一大イベントである、設定伝授による「手掌穴」を身に付けていただきます。新たな気の出口が設けられ、そこから放出される気導力は新たな力を発揮します!!
加えて「ツータッチテクニック」を学んでいただきます。

次回は出席されないと、絶対に損をしますよ!!!

大井 洋

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

           


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

PAGE TOP