【五反田校】6/2(土)マスターⅠA第7回 <相手を「治る人」に導ける施術の達人となる!!/ ★施術の達人part1>

五反田校マスターⅠA教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

<相手を「治る人」に導ける施術の達人となる!!>
★施術の達人part1
・身体を治り辛くさせる要因
・治る人へと導くために
・施術の効果を向上させるために
・ありがとうの意識と気導力
・インプット法を用いて変化を実感させる
・シンプルなアプローチでの効果を実感する

今回は、10年目の皆さまに混じり、1月に集中セミナーを受講されたお母様と、1週間前に集中セミナーを受講されたばかりの娘さんと息子さんの新人3名が参加され、新鮮な空気が注入された和やかなセミナーになりましたね。(笑)

自身はもとより、縁する方々が健康であって欲しいとの願いは、誰しもが持つ純粋な思いでしょう。また、その願いは気導術の習得を図ってきた私たちにとって、より積極的に叶えようとする具体的な目的であるかと思います。
この回では、積み上げてきた「治す人」としての実力を再確認しながら、患者さんを「治る人」に導くことのできる「施術の達人」を目指していただきました。

この回の狙いは、“よりシンプルなアプローチ”を用いて「気導術って凄いよね!!」を改めて実感し、自身の中に落とし込むことによって、『奇跡を日常にする』くらいまでに実力向上を目指していただくことです。

症状の重軽に関わらず、治らない理由を付けると症状が固定されて、身体は治り辛くなります。理由付けとして、代表的なのが「もう歳だから仕方がない…」です。
また、治り辛い人に多くみられる特徴として、「自分の身体に対して関心がない」ことがあげられます。私の個人的な感覚ですが、全くと言って良いほど「関心がない」と思われる方が非常に多い!!そのような方は、自分の身体の状態をモニターする感覚が非常に低くなっているため、自分の身体の変化を感じ取ることができません。
このような人たちは、自分の身体を治すことを完全に他者に委ねてしまっている「治してもらっている人」で、自力で回復できる人、すなわち「治る人」となって、患者を卒業することは難しい状況にあります。

基本的に人の身体は、いつでも治ろうとしています。患部は、患部であることを不本意に思っています。無意識の中で絶対に治ろうとしているのです。
それを踏まえると、施術の基本は、
「治ろうとする身体を治り辛くさせている要因を解消すること」
と捉えることができます。

治り辛くさせている要因とは、無意識の中で絶対に治ろうとしている身体(自分)がそこの在るにも関わらず、自分の中にその治ろうとする自分を邪魔する自分がいることです!
そのことに、説教や教育といった方法ではなく、自然に気付くように仕向けてあげられる術者としてのスキルを身に付けることが、今回の具体的なテーマでした。

「治る人」に導くための肝となるノウハウやエッセンスが、凝縮してレクチャーされました!!!
受講された皆さま(私も含めて)には、ついやってしまっていたことを反省させられたり、何となく気付いていながらもできていなかったことに気付かされたりと、非常に収穫多き時間となりましたね!!!
そして、新たな意識を持つことで、シンプルなアプローチでも相手の身体を驚くほど変化させることができる、ご自身の実力と気導術の凄さを改めて認識していただけたことでしょう!
実習の際に10年目の先生方が発する、「おー!すげー!!!」「うわっ!すごいすごい!!!」という声が、とても新鮮に感じました。(笑)

皆さまには、「施術の達人」となるために進むべき道が、眼前に明確に見えたことと思います。私自身がそうなのでー!!!(笑)

「施術の達人」への道!
さて、次回は何が披露されるのでしょうか!?
どこまでも進化し続ける「気の教室」!!ワクワク感は高まる一方ですね。
皆さま、ぜひぜひご期待ください!!!

大井 洋

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP