【五反田校】マスターⅣ第1回 <イメージ力を高めた気の操作で筋膜を整える!!/★気導力とイメージ part1>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五反田校マスターⅣ教室をご受講いただきました皆さま、ありがとうございました。

 

<イメージ力を高めた気の操作で筋膜を整える!!>

★気導力とイメージ part1

・意識とイメージの時間軸

・自身の身体の存在を意識に落とし込む

・第三の眼の意識を高めてイメージを描きやすくする

・第三の眼で手に導いた気導力を感覚する

・皮膚と筋膜の滑走

・イメージの力を活用して筋膜を調整する

 

 

どんな分野の話でも意識やイメージが持つ力は大きいと語られるものですが、人の健康面に関してもやはり意識やイメージが力として担っている役割は大きいといえます。この意識とイメージを厳密に区別するのは難しいですが、施術の分野で考えると「意識」は「現在」に影響を与える力であり、「イメージ」は「近未来」に影響を及ぼす力として意識の延長線上に在るものだといえるでしょう。術者と患者がそれぞれに抱いている意識やイメージ次第で効果や結果、そしてそれに続く未来は大きく変化します。

いわゆるイメージとは心の中で思い浮かべる姿や像を指しますが、これは全て現在を含む過去の記憶から醸成されているとされています。そのため、経験したことの無い事柄であっても、そこに経験に代わる根拠があればイメージを描く力は高まります。この場合の根拠とは気導力であり、その気導力に備わる力とのラポールが強まるほどイメージは描きやすくなり、そのイメージを現実化しやすくなるといえるでしょう。

今回は、イメージの持つ力を発揮しやすくすると共に、その領域の力を用いて筋膜の調整をする手法を身に付けていただきました。

 

 

『イメージ』というのは人それぞれの指標というか判断基準によるものなので、非常に扱いが難しいテーマです。例えば「リンゴをイメージしてください」と言ったとき、人が頭の中でどんな状態を、どのように思い描いているのかは分かりません。丸ごとのリンゴを思い浮かべている人もいれば、切ったリンゴを思い浮かべている人もいるでしょう。また、赤いリンゴだったり青いリンゴだったりと、人によってさまざまだと想像できるからです。故に、これまでの教室で何度か出してきましたが、本部長の中では抑えてきたテーマだとのこと。本当に深い世界なので「難しいなぁ、どういうふうにレクチャーすれば良いのだろう…」と、何年越しで温存していたものということでした。

しかし、これまでの積み上げがある「マスターⅣ」だからということで、公開に踏み切ったそうです。

 

イメージを使う最大の目的は望むことを「現実化する」ことです。どんな分野においても、自分が思い描くゴールなり、理想なりを現実化するためにイメージを使います。今回私たちがイメージを活用するのは、施術において効果を出すためです。そこに限って考えます。

 

イメージを時間軸に当てはめると「近未来」になります。「こうなるといいな」と思った時点で「今」ではありません。10秒後の未来といった、今はまだ訪れていませんが確実に訪れるであろう少し先の未来になります。

イメージは過去から続く「現在」の積み重さねであり、これまでの経験や知識から醸成されるものです。しかし、現実に起こったものしか未来に影響を与えられない訳ではありません。経験の代わりに確固たる根拠があれば良いのです。私たちにとっての根拠は、気導力です!

したがって、「気導力をこのように操作したのだから、こうなるはずだ」という、自分の気導力に対するラポールが強まれば強まるほど実現性が増します。現状でも皆さんには、「こんなものすぐ取れるよ」と思える経験値があるわけです。その気導力に対する強いラポールによる「治せる方法があるはずだ」という確信はすでにゴールが決まっている状態であり、あとはゴールに辿り着けば良いということになります。このゴールを上手くイメージできるかということに集約されるわけです。

 

今回はイメージ力を高めるために、これまでに使ったことが無い領域を使う訓練を行っていただきました。その領域に過去の情報を全部集約して、それらを組み合わせて新たなものを描き出す訓練です。この状態は脳がフル活動します。全員が頭がすごく疲れました。今までやったことがない動きをすることで使ったことがない筋肉を使用して、身体がすごく疲れるのと同じです。したがって、慣れてくれば疲れなくなるとのこと。

 

そして、新たな領域を使って、みんなが「そういうふうにやったらやりやすいなあ」という方法でイメージ力を活用すると、気導力が発揮する効力は足し算ではなく掛け算の幅でアップ!!

その効力に、「気の教室」13年目の皆さんが目を丸くして驚愕されていました!

 

 

本部長の引き出しの多さと、その奥行きの深さには本当に驚かされるばかりです。

「気導力とイメージ」、次回は何が披露されるのでしょうか!?

どこまでも進化し続ける「気の教室」。マスターⅣになって、さらにワクワク感はヒートアップ!皆さま、ぜひぜひご期待くださいませ!!!

 

 

 

大井 洋

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

           


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

PAGE TOP