「スペシャルセミナーby本部長2020」ありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9月10日、11日、13日の3日間にわたって東京本部にて開催した「スペシャルセミナーby本部長2020・脳コリ解消&気血コントロール」にご参加くださいました皆さま、誠にありがとうございました。

 

情報化社会と言われて久しい現代に生きる私たちは、常に脳で多くの情報を処理しながら日々を送っています。また、最近ではコロナ禍や猛暑などの外的ストレスがより大きくなったことで脳への負担がさらに増して、身体ではなく脳が疲労している中枢性疲労に陥っている方がとても多くなっているように感じます。

 

この云わば脳のコリ状態である中枢性疲労は、幸福感やストレス耐性を低下させるばかりでなく、集中力や記憶力、回復力や運動能力、そして免疫力などにも大きな影響を及ぼしています。加えて、この脳コリ状態は単なる休息だけでは回復しづらい傾向があり、その慢性化が体調不良のみならず、心身の老化促進の一因となっているといえるでしょう。

 

今回のスペシャルセミナーでは、この中枢性疲労を解消する「気導力を活用した脳の実用領域を広げる様々なアプローチ」に加えて、脳はもとより「全身を巡る血液の循環を調整する気血のコントロール」を併せて身につけることで、脳のコリを解消して心身が持つ本来の能力を引き出すことができる操法を皆さまに習得していただきました。

 

まずは、気血のコントロールから。

身体に触れることなく空中で気導力を操作するだけで、手足の血行が改善していく実感と共に、ものの数秒で手足が軽くなる。そしてコリや張りも柔らかくなってしまった事実に皆さんビックリされていましたね!

血に力を与えることのできる気導力だからこそ可能な凄技です。

これだけでも応用範囲は無限です。ぜひ、ご活用くださいませ。

 

そして、脳コリ解消アプローチの数々。

ひとつのアプローチを経験する度に、脳がスッキリ爽やかになっていく実感。皆さん、驚きながらも満面の笑顔でしたね。脳のコリが解消されていくにしたがって、身体の動きが楽になったり、症状が無くなってしまったりと、同時に身体の状態も改善されることも実感していただけたことと思います。

 

脳コリ状態のように中枢性疲労の蓄積は、様々な症状が治りづらかったり、ぶり返しやすくなったりする大きな原因になります。逆に言えば、脳コリが解消されている身体は、とても回復しやすいのです。

 

各日のセミナー終了時に皆さんに問いかけた質問。

 

「頭の疲れが取れてスッキリした方?」

「身体の疲れも取れちゃった方?」

「ストレス感が全く無くなった方?」

 

全ての日で、笑顔と共に全員の手が上がったことを心から嬉しく思います。

 

今回のアプローチは、全てセルフケアでも活用できる内容となっております。ぜひ、自身にも活用してスッキリ爽やかな脳を持続してまいりましょう。

 

今年のスペシャルセミナーも、おかげさまで各日とも笑顔と熱気で溢れた一日になりましたことを、心から感謝申し上げます。

 

日本気導術学会 本部長 鈴木貴樹

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

           


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

PAGE TOP