気導術 気導術
お問い合わせ リンク集 サイトマップ HOME
整体HOME >> 気導術について「各種治療の実際」
各種治療の実際 一般的な治療法の効果を検証

#

 このレベルの治療院が現実にたくさんある
A 張り 筋肉に張りが発生すると軽い疲労感がでる。
張り薬、電気治療器等で解消することができる。
 一般レベルの治療院
B こり(硬結) 筋肉内にコリ(硬結)が発生すると違和感、疲労感がでて翌日以降に残る。
押す、揉む、叩く等の治療により緩和される。
 数段レベル高い治療院
C 異常硬結 筋肉内に強度のコリ(異常硬結による神経圧迫)が発生すると痛みを感じ、日常生活に支障をきたす。
押す、揉む、叩く、骨の矯正等の治療では異常硬結による神経圧迫(痛み)を解消するのは困難なことが多い。(痛みの境界線を越えることが難しい)
 気導術での治療
三大異常
気の障害
筋肉障害
神経障害
気導術を用いると、痛みの三大原因である、筋肉最深部における筋肉障害(異常硬結)解消は勿論の事、他所よりの神経障害をも解消し、最も重要な、気の障害を取り除くことができ、筋肉内の症状を完全に正常に戻すことができます。
前へ戻る

Copyright(c) 1999 KIDOJUTU. All rights reserved.