大久保 正幸さん

第193期の特別集中セミナーに参加させていただきありがとうございました。
以前、気導術の施術を受けたことがあり、他の整体院とは明らかに違う結果で驚きでした。特殊な能力が必要で、難しい、勉強や長年の経験を経てこのような施術をされているのだろうと思っていました。
2回目の施術でお世話になった時、気導術は特別な知識は必要としないし、誰でも簡単に習えるから、セミナーや気の教室に通えば修得できると聞き、興味を持ち始めました。20年ほど前から身体に痛むところがあり、最近ではストレスをどう解放すればいいか負のスパイラルから抜け出せない自分があり、悩んでいました。
今回のセミナーに参加し、ストレスから少しずつ解放され、身体の痛みも取れ、3日目には顔の表情も明らかに変化し、笑えるようになっていました。受講修了時のあいさつでは、涙が溢れ出てきて感謝いっぱいでした。今回、いろいろな思いから巡り巡ってこのセミナーにたどり着いたような気がします。気導術を分かりやすく、丁寧に、楽しみを持ってご指導頂きありがとうございました。

 

 

 千葉 博明さん

気導術との出会いのきっかけは長男でした。
昨年の7月、小学校6年だった長男は、スポーツ少年団のミニバスケットの練習試合で足首を捻挫しました。足を床に着けないほど痛い様子で、腫れており、会場の陰でアイシングをしていました。会場内を移動するときも、片足でケンケンするか、誰かの肩を借りての移動です。
アイシングしているとき、チームの一人のコーチから仙台市内の接骨院を紹介されました。

 

試合後に妻と長男は、早速、紹介された接骨院へ向かい、私は翌日の仕事のために県外へ移動しました。ホテルに着いて長男の様子が気になり、LINEで確認してみると、「もう、大丈夫。歩ける。」とのこと。その「大丈夫。歩ける。」の度合いがどのくらいか分からなかったため、LINEのビデオ通話を使って確認してみると、普通に歩けてるんです。そして「ジャンプもできるよ!」とジャンプして見せてくれました。私は、「えっ!?本当か?」の半信半疑の気持ちと、「あまり無理するな!」の心配の気持ちとが入り混じった気持ちで、「本当に大丈夫なの?無理するなよ。」声を掛けました。すると長男は「本当に大丈夫だよ。」と、もう一回ジャンプしました。なんか、キツネにつままれた感じの私。
帰宅後、長男の足の状態を再度確認し、「本当に大丈夫なんだ…。」と、まだ、信じられない私でした。

 

次の週から、長男は普通に試合に出てプレーをしました。しかし、まだまだプレーの未熟さから、シュート後の着地が安定しなかったため、今度は足首近くの脛の骨2本(脛骨と腓骨)を骨折!
入院しワイヤーによる接合手術を受け、夏休みの間、しばらくはギプス固定の生活。骨が付きギプスを外した後はリハビリを開始。ギプス固定で硬くなった足首を柔らかくするためのリハビリでしたが、なかなか柔らかくなりません。
そこで、再度、妻が前に紹介された接骨院へ長男を連れて行きました。
すると…、硬くなってた足首が、痛めていない方の足首と同じくらい曲がるようになって帰宅。
その後、ワイヤー金具を取り外すための手術を受け、リハビリ無しで今では前のように普通に生活しています。

 

2度目の接骨院訪問時に妻がもらってきたパンフレットを見た私は、初めて「気導術」という言葉に出会いました。パンフレットには「気導術仙台 落合接骨院」「超速効療法『気導術』」「気導術の可能性」の文字が。「気導術?なんだそれ?」すぐにネットで「落合接骨院 仙台」で検索。ホームページを拝見しましたが、詳しく気導術を知ることができず、「気導術」で再度検索。「日本気導術学会」がトップでヒットしました。それから、ホームページ内をいろいろ確認し、You Tubeでの動画も観て、「こんなことが本当にあるのか?」と疑念が湧くんですが、長男の事実を見ている私は、「本当だろうな…。」と納得。動画を見ては疑念と納得の繰り返し。

 

だったら、自分が学び、体験してこの技術を使えるようになれば、この先、子供達や家族の健康、そして、お客さん先で、たびたび目にする腰痛や肩こり持ちの社員の人達の役に立つのではないかと思い立ち、早速、特別集中セミナーの開催日を確認。私の都合の良い3月頃の予定はまだ載っていませんでした。それからというもの、3月のセミナー予定が出ていないかを確認する日々が続き、セミナー予定が公表された後、即、申し込みました。申し込み後は、早く3月にならないかなぁ~と待ち遠しい日々が続きました。

 

3月になり、とうとうその日が来ました。いざ、待望のセミナーを受講!初日はあっと言う間にセミナー終了。「本当に気道穴は開放されたのかな…?」2日目の朝、ホテルの朝食で、紅茶とコーヒーに物品注入法を試してみると、紅茶は渋みが抜け、コーヒーは苦みが抜けたせいか酸味が強くなりました。「おぉ~!」とちょっと感動。2日目のセミナー途中から、手のひらに異変が出てきました。手のひらが常にピリピリ状態に。ピリピリとしてるんですが嫌な感じはなく、「これが『気』なのかな?」と私なりに感じてました。受講生同士で練習し、効果を確認しあい、会長のユーモアあふれる講義で進んでいくセミナーは実に楽しいセミナーでした。3日間がとても短く感じられ、日々、私自身が元気になっていくセミナーでした。

 

受講後、帰宅してから、妻の腰痛、母の腕のしびれにエネルギーを注入しました。腰痛は若干よくなったようですが、まだ完全ではないとのこと。腕のしびれは、毎日、何度も襲っていたそうですが、1回のエネルギー注入で1週間はしびれがなかったようです。またしびれが出てきたとのことで、再度、エネルギー注入。しびれの頻度はかなり少なくなったようですが、母にあまり感動がなく、もっと感動してくれてもいいんじゃない?と私の心の声が叫ぶのでした。

 

この記事を書いている途中に、長男の足首の曲がり具合を確認してみると、少し曲がり具合が悪くなっていたので、エネルギー注入してみると、左右同じ曲がりになりました。「おぉ~!」と自分だけが感動!今後も少しずつ経験を積み、気導術を更に身に付け、世の中のために役立てたいと思います。

 

気導術に出会わせてくれた息子に感謝!その術を惜しみなく教えてくださる先生方に感謝!
本当にありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 川野 勇さん

「自然治癒力」や「気の力」に興味があり、本セミナーに参加させて頂きました。笑いと活気とたくさんの不思議に満ちた講座内容にぐいぐい引き込まれていきました。
自己エネルギー注入法やインプット法等の実技を演習している時に身体がポカポカしてきたり、手足がピリピリと心地良いシビレを感じたりして、「気の力」を体感することができました。
また、受講者どうし施術し合う中で、施術を受けた人の表情が明るくなったり、身体の動きがしなやかになったりするのを見て、驚くと共に気導術のパワーの偉大さに深く感動しました。
この3日間はあっという間に過ぎてしまいました。本当に中身の濃い充実した3日間でした。気導術をもっとしっかり身に付けるために、今後とも学びを続けていきたいと思っています。
会長、本部長、三本木先生、大井先生、楽しい楽しい3日間をつくってくださり、本当にありがとうございました。

 

 

 小塚 一美さん

3日間と限られた時間の中で、どれだけの事が学べるのだろうか。
どんな事をするのだろうか。
受講日前日までは不安とドキドキでいっぱいでしたが、自分が思い描いていた想い以上のものでした。
自己エネルギー注入法…(そんなに難しい文言ではないのですが(笑))なかなか覚えられず、「私には無理かっ」と一瞬落ちましたが、娘に負けていられないと思い、1日目の夜はホテルに帰ってからも必死で覚えました。
そして、2日目・3日目の実習を通し、自分の「気」でこんなことが出来るのかとびっくりする事ばかりでした。
実際、自分自身の身体が楽になっている事にも気づき、これは絶対に人の役に立てると確信を持ちました。
痛みというのは本当に辛いものです。
それが一瞬で楽になる事ができたらどんなに幸せか。
この3日間で学んだ事は、私にとって、とても貴重な体験となり、私の人生には絶対欠かせないものとなりました。
今後も引き続きできる限りセミナーに参加させて頂き、もっともっといろいろな事を学びたいと思います。

 

会長をはじめ、スタッフの皆様(出来の悪い私にも丁寧に指導して下さり)3日間本当にありがとうございました。
帰りも無事に帰宅することができました(笑)
これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 小塚 愛莉さん

まず初めに3日間ありがとうございました。今回本当は姉と母が受講する予定でしたが、急遽姉の都合が合わなくなり私が母と受講することになりました。
私にとって「気」というものは正直興味がなく、「気」というものだけで人の身体の痛みがなくせるなんて信じられませんでした。
そして受講1日目、母が初め体験しているのを見て、とても驚いている顔と私から見ても普段の母と違い、身体がスムーズに動いているのがわかりました。
私はまだ実際に体験していなかったので少し疑っている部分もありました。
だけど、他の方も母と同じように驚いていたので、そこから信じるようになりました。
自己エネルギー注入法では、文言を覚えることが直ぐにできました。隣で母がとても苦戦しながら覚えていたのを良く覚えています。いざ、寝てやってみると、文言を忘れてしまったり、手を置く位置がずれたりと大変でした。人の体を触って「気」を入れたり、わからないことだらけで沢山聞いてしまったりもしたけど、なんとか3日間無事に終えることができました。
このセミナーを通して沢山の事を学べて、そして自由自在に「気」というものを操ることができるようになり、受講してよかったなと改めて思います。最高の3日間でした。

 

 

 三枝 聖幸さん

再受講して私が驚いたのは、自分が最初に受講した去年の5月の特別セミナーよりもかなり進化していたということです。ストレス遮断のゼロポイント、XB呼吸や去年発表されたサボタージュ神経の活性化など新しいテクニックを惜しみなく教えていただきました。改めてやっぱり気導術はすごいなと感じ、気導術ほど進化し続ける人を治せる技術はないと感じました。
私は今年、柔道整復師として本部に就職するはずでしたが、それが叶いませんでした。1年就職は待っていただけることになり本当に感謝しています。来年就職した時に1年待って良かったと思っていただけるよう、そして私自身もこの1年があって良かったと思えるよう努力し、施術家として何より、人として気導術と共に進化し続けていこうと思います。

 

 

 

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

     


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

カテゴリー

PAGE TOP