穴井 秀徳さん

2019年1月25日26日27日の3日間、特別集中セミナーに参加させていただきました。
この日が来るまでワクワク・ドキドキの日々でした。
セミナー初日から色々な技法を教えていただきました。
その場で自分は真剣そのもの。「一つ一つ確実に覚えて行くんだぁ~」と前向きな姿勢で取り組んでいました。
この3日間、私にとって笑顔が絶えない自分に出会いました。
会長様、スタッフの皆様の笑顔とお人柄に惚れ込んでしまいました。
今後のセミナーをスタートラインにして、元スポーツ選手。継続は力なり。
初心に戻って一つ一つ自分の手で痛みのない幸せな人々の笑顔が見れる様に勉強していきたいと思いました。
会長、本部長、スタッフの皆さま、大変お世話になりありがとうございました。感謝、感謝です。
今後も是非ご指導よろしくお願い致します。

 

 

 後藤 富士子さん

「気導術…なんだろう?」何気なくクリックしたインターネットの動画が私と気導術の出会いでした。
まさか、そのクリックが東京まで突き動かすほどの力を持っていたとは夢にも思っていませんでした。
けれど、瞬間的に「コレだ!」と直感し、それまでの一連の出来事が気導術へと繋がっていたのではないかと思えるほど確かな何かがありました。
ちょっと大げさかもしれませんが運命的なものすら感じたのです。

早速、福岡の研究実践コースに体験参加させていただき、集中セミナー受講を申し込みました。
集中セミナーまでの約1ヶ月間は待ち遠しさでワクワク心踊る毎日でした。セミナーに参加する前からテンションは上昇気流に乗り、五反田の教室に着いた時には最高潮!モォ~嬉しくて嬉しくて笑みが止まらない状態でセミナーが始まりました。
「おはよー!」の元気な挨拶でスタートし賑やかな夕食会で終わる一日は嬉しさに冗談や笑いがプラスされ幸福感に満ちたセミナーでした。
私の人生を大きく左右すると予感させる特別な3日間となりました。

会長、本部長、三本木先生、大井先生、そして同期生の皆様からいただいた愛情いっぱいの気導力とポジティブなエネルギーを共有していただいた貴重な時間そして、尊いご縁に感謝しています。
心より…ありがとうございました。

 

 

 佐野 真一さん

今年になって初めて気導術をYou Tubeで見つけ導かれたように見ているうちに、あなたへのおすすめが気導術でいっぱいになっていきました。
インターネットで日本気導術学会のホームページを見た時に、1月に3日間の特別集中セミナーがあることを知り、体験会に参加した後、申込みました。
全く予定してなかったことを急に決めることになる程、気に導かれた気がしました。
ご縁を頂き感謝いたします。
会長からの直接伝授により、その瞬間から「気」を操ることができるようになり、身体の変化や気の流れがその場で感じるようになりました。
今回は基本中の基本のセミナーですが、自分の健康のため、自分を通してそのパワーを他者に注入し、他者治療も自己治療も可能になるだけでなく、関わる人が幸せになれそうな無限の可能性を感じました。
セミナーの内容も非常にわかりやすく、自分でも努力していけそうと確信しました。
また、私の体調のせいで3日間のセミナーにおいて大変ご迷惑をおかけしてすいませんでした。
会長、本部長、スタッフの皆さんには本当に感謝いたします。
今後とも気導術を学んでいきたいので、ご指導の程よろしくお願いします。

 

 

 久江 達雄さん

会長、本部長、三本木さん、大井さん、三日間暖かい雰囲気で丁寧に教えていただきありがとうございました。
そして同じタイミングで特別集中セミナーをうけたメンバーみなさんと一緒に三日間、時間をともにできて嬉しかったです。
私は特別集中セミナーを申し込んで当日が来るまで、自分がどう変化するのかワクワクする反面、自分が先生方のように手を触れただけで人の体の痛みとれるのだろうか?という好奇心と半信半疑をもっていました。

前日夜、高速バスで京都を出発し、当日朝6時前に東京につきました。
1月なので肌寒く、とりあえず駅に行き、山手線に乗りウトウトしながら二周ほど回ってから五反田駅に着きました。

今回家族に内緒で申し込み、ばれたら喧嘩になりかねない大きな受講料を支払ってのセミナーでした。
経済的に余裕のある家庭ではないので一度っきりの勝負です。
しかし自分の中では直感的にこれだ!!というものでした。

今回の特別集中セミナーにあたって「何が何でも気導術を身につける!きっと家族の為、自分の為になる。」そういう強い気持ちをもって臨みました。

当日鈴木会長に初めてお会いし、この一週間、何度もメールで応対してくれた大井さんとも初めて会いました。一週間前に本部長と三本木さんとは無料体験セミナーでお会いしているので二回目です。
生徒さん達ともお会いし、穴井さんと一緒に施術の実習をすることになりました。勉強会が進むにつれ、何度も笑い、驚き、ワクワクし、喜び、ガッツポーズをしました。京都に帰ったら、新しい出会い、困っている人を喜ばせられる、また奥さんの実家でも暮らせる糸口になるかもしれない。本気でそう思えるようになっていきました。

その興奮は1ヶ月たった今もなお続いています。今は今後の事を、どうしていけたらいいかなとポジティブに考える毎日です。
本当にありがとうございました。

 

 

 小川 裕司さん

集中セミナー(平成三十一年一月)を受講させていただきありがとうございました。
三日間という限られた時間ではありましたが、ご縁があって一緒に学ばせて頂いた皆さんと本当に貴重な経験ができました。
私達はいろんなスポーツや日常生活をとおして、日々身体を使い、心を使い、自分でもわからない内に様々な疲労や歪みを抱えていますが、なかなかそれを見つけたり、リセットする方法を持ったりすることは難しいと思います。
しかし、気導術を経験して、いろんなセルフコントロールやストレスのリセットに役立つ技術になりうると感じました。
設定や自己注入も、自分の存在の因果を思えば理にかなっていると思いましたし、手技の原則も加圧、減圧と痛、無痛のインプットと比格による自覚(触覚のアプローチの場合)という理合があるように感じました。
五感の仕組みと、そこに気導力(エネルギー)を流す事によって生じる予測しうる自覚可能な変化。無限に可能性があるようでワクワクしてきます。
気や整体のような事も全く未経験で、驚きと感動の連続でしたが、まだ気導穴を開けていただいて日も浅いので、気が流れたりたまったりの内に出てくる身体の変化が落ち着いてきたところでじっくりと後習し、一歩一歩理解を深めて手技を身に付けていきたいと思います。
「思い」や「考え」がどれ程「気」に影響を与えるのか、「気」が「身体」や「心理」にどれ程影響を与えているのか、科学が追い付かない未開の地かもしれませんが、「ある」を「ある」として探究する方が面白そうです。
高い志をいつも感じさせてくれた会長、ハツラツとセミナーを引っ張り、深い思慮を感じさせてくれた本部長、小さな巨人、常に強い気を放ちながら奮闘してくれた大井先生、体力的には一番大変だったであろう縁の下の力持ち三本木先生、一緒に三日間を過ごした192期の皆さんに心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

「天光地 心技心」ですね。

 

 

 

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

     


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

カテゴリー

PAGE TOP