手首の痛みを全身症状から改善!

20代男性。重労働で慢性的に疲労が溜まっていて過労気味。
主訴は、左手首(左利き)をダーツをやっていて痛めた。
はじめはダーツを投げて手首を振り切る時に手首背面に痛み、仕事をしている内に徐々に痛みが増して仕事に支障が出るようになったため来院。
手首はどの方向に動かしても痛みが出て、手首を背屈すると一番痛む。
また、左手に荷重を掛けると痛みが増す。手首の他にも慢性的に首、腰に痛みがあり、ぎっくり腰になりそうになるときがある。
事務仕事が多く目が疲れていてパソコンが嫌い。

触診の後、まずは主訴の左手首に焦点を当てて治療。
座位にて、触診で反応の良かった腱鞘炎ポイント(肩甲骨上縁)にインプットしてエネルギー注入をすると、かなり張りと痛みが取れ、更に腸骨稜上縁の腱鞘炎ポイントにインプット、エネルギー注入をして確認してもらうと手をブラブラする動きの痛みがとれた。
この時点で一度荷重痛を確認してもらうとかなり軽減し、手関節の芯の方が痛くなるとのこと。
次に浮いていた尺骨の調整。橈尺関節を締めると楽になるとのことなので、まずは手関節を正しい位置に戻した状態でエネルギーをじっくりと注入し、再度確認。
これだけだと少し楽になった程度だが腫脹はかなり改善された。次は正しい位置にした状態で張りが出ている、尺側手根屈筋、長母指伸筋、腕橈骨筋へインプットをし、エネルギーを注入。再度確認してもらうとほぼ症状がなくなり、荷重を掛けてもらっても「痛くない」。痛みがとれた段階で、予防も含め普段のフォームからくる負担を減らす治療にシフト。で、うつ伏せから仰向けと歪みや緊張をインプットとエネルギー注入を繰り返しながら、結果的には全身施術という形になりました。途中本人も「めちゃくちゃ緩みますね!」とかなり効果を実感。「足が軽くなった!なんかすごい調子がいいみたいです。」と言っていただきました。この患者さんは慢性疲労とストレスの強い方だった為、症状の戻りが考えられたので主訴だけではなく、患者さんが気付いていない全身にある症状も併せて緩和させていただき大変満足して帰っていきました。

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 

MESSAGE FROM DOCTORS

>>新着記事の一覧はこちら

 

 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。


 

 

PAGE TOP