医者もお手上げの突発性難聴の左耳が聴こえた!

Iさん60代女性。5年前に突発性難聴を発症。医者の検査では左耳にまったく反応がなく、「左耳は諦めてこの状態と生涯つき合っていくしかない」と言われたそうです。ですが、さっそく聴力を確かめてみると左耳もほんのかすかではありますが聴こえています!「これは可能性があるぞ!」と思い、施術を開始しました。第一印象では、仕事の状況や話しぶりと表情からストレスが高そうな雰囲気。そして体がとにかく重いとのこと。
そこで野崎先生に昨年の治療の実際で教えていただいた頸椎のロッキングの検査をするとまったく力が入らない。顎を上げて検査すると力が入るので、先生の指導通りロッキングを解除すると顎を上げなくても力が入るように。この状態で検査するとわずかではありますが左耳の聴力がアップ。
続けて胸鎖乳突筋をはじめ頚部全体そして耳たぶ、頭部全体を丹念にインプットしてストレス遮断をじっくり10分実施。その後すぐに落合先生の耳鳴りアプローチを行いました。
この3つのプロセスを行なった後、左右の聴力を確認すると左右バランスがなんと9:10に!「奇跡ですね。ほとんど左右変わらないくらい聴こえます」とのこと。その間1時間。狐につままれたようにキョトンとされていたので、「では右耳をきっちり塞いで左耳の聴こえ具合を確認しましょう」と言って、遠ざかりながら「聴こえますか?」と繰り返し、最後はちょっと奥まったトイレの前からの声も、元気よく「聞こえま〜す」と返事が帰ってきました。
帰り際にそれでもなんだか不安そうな顔をされていたので、「今聴こえますよね。一度ここで実現したことは必ず恒常的なものにできますから多少戻りがあったとしても大丈夫ですよ」と声をかけておきました。

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 

初級から上級までタイムリーな気の教室情報をゲット!
 ⇒「気の教室 ブログ」

 

MESSAGE FROM DOCTORS

>>新着記事の一覧はこちら

 

 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。


 

 

PAGE TOP