第170回 9月度研究実践コース報告 <サボタージュ神経活性法> 常に基本、そして常に進化を! あの時の、あの軽やかな動きを取り戻す!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<サボタージュ神経活性法>
常に基本、そして常に進化を!
あの時の、あの軽やかな動きを取り戻す!

 

 

昔より疲れを感じたり、以前は易々とできた運動を辛く感じるようになったりなど、ある年代から徐々に身体能力は低下していきます。年輩の方であっても、荷物を持上げたり、腕相撲をしたりなどの瞬間的な筋力の比較であれば、子供には負けないという方も多いと思いますが、持続的な運動や身体のバランス能力を求められる動きになると、とても敵わないと体力の差を実感する方も多いと思います。

 

主に運動機能や平衡感覚の調整を担っている器官として、脳幹の背側に位置する「小脳」があります。文字が上達したり、自転車に乗れたりなど、いわゆる身体が覚えるような無意識の動作にも、小脳の機能が大きな役割を果たしています。

 

身体を動かすとき「小脳から身体」に、また「身体から小脳」にと、筋肉をコントロールするための信号が脊髄を通して行き交います。この信号の伝達能力は、年齢を重ねるにつれて低下する傾向にあり、それが前述の疲労や運動能力の低下を引き起こす大きな要因となっています。

 

この加齢に伴う神経の伝達能力の低下は、伝達経路である神経に信号が伝わり辛くなる為に起こります。いわば、神経の反応が鈍い状態といえますが、これを神経のサボタージュと捉えて適切なアプローチを施すことができると、神経は再び機能を取り戻していきます。

 

今回は、気導力に自身で夢設定を加えることで、さらなる気導力の強化を図ると共に、小脳や脊髄のサボタージュしている神経を復活させる方法を身に付けていただきました。

 

人の身体の中の神経にも、人間社会と似たような現象が起きているのですね…。ただ完全なる違いは、神経は「怠け心で怠けているのではない」ということではないでしょうか。きっと、一所懸命働き続けて疲れ切ってしまったなど、なんらかの原因で力を発揮できなくなってしまった結果だと思います。
サボタージュ神経は、自ら望んでさぼっているのではない。本当は働きたい、力を発揮したいと思っているんだと考えると、今回の活性法により再び働く力をもらったサボタージュ神経は、はりきって働き始めますよね!!本当に喜んで…。
それが、今回のアプローチによる即効的な効果としてあらわれたのだと、私は解釈しました。

 

私は今、今回の「サボタージュ神経活性法」の効果を深く実感しています。
皆さまに先んじて、本部における手合わせで一通りの施術を受けております。その後最初に気付いたのが、非常に睡眠欲求が強くなったこと。身体がこれまでに気付かなかった異常を認識して、回復の時間を求めているのだと感じました。眠りも深くなり、可能な限り身体の欲求に答えるよう心掛けていると、明確な自覚はないながら身体の中で何かが起きている感じがする…。日が経つに連れ、身体は徐々に軽く、左右のバランスが良くなっていく実感が!今は、「身体の調子が良い」といえる状態になっています。

 

さらには、運動能力の向上を実感。
8月のフリー&アドバイスセミナーの後、久しぶりに横浜のサーフィン仲間と合流して、台風のうねりが入った大波でサーフィンを満喫。昔の仲間に、少しは成長したところを見せたいと頑張っているうちに、右下腿部2箇所に怪我を負い、右肋骨にもヒビが入ってしまいました。そのため、その後しばらく安静を余儀なくされて…。
そして完治したところで、先日1ヶ月ぶりにサーフィンをしました。病み上がりでもあるし、感覚を戻す程度になるだろうと思っていたのですが、なんと調子が良いこと!
以前よりもボードコントロールにタイムラグがない!!!
ボードがすごくスムーズに動かせる!!以前より上手くなっている!!!(笑)
ビックリでした!
これこそ、サボタージュ神経活性による運動能力向上の効果だ!と感動しました。

 

ご受講いただいた皆さまも、いろいろな形で「サボタージュ神経活性法」の効果をご実感いただけていることと思います。

 

 

気導術って、本当に凄いですよね!
さあ、次回の研究実践コースもどんな凄いことが発表されるのでしょうか!?
非常に楽しみですね!!ぜひぜひご期待くださいませ!!!

 

 

 

大井 洋

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

東京本部のセミナースケジュール
PDFにて
ダウンロード できます

 


 
 

 
 

「神の手」11人に学ぶ学校・塾ガイドに掲載されました。
 

           
PAGE TOP