気導術 気導術
お問い合わせ リンク集 サイトマップ HOME
整体HOME >> 気導術について「痛みをとるメカニズム」
痛みをとるメカニズム エネルギーによる痛みを取るメカニズム
#

分析
痛みのメカニズムを考えてみると、全身の気エネルギー不足と、患部(痛)筋肉のエネルギー不足という結論に達する。気導師が患者に気導力(エネルギー)を注入することで患者自身も全身エネルギー状態になり、気エネルギー不足を解消させ、気導師がエネルギーを注入しながら患部(痛)に両手掌で触れることで双方のエネルギーが患部に集中する。それにより筋肉エネルギー不足を解消し速やかに患部(痛)の異常を回復させる。
エネルギーの特徴
全反射エネルギーにて、患部筋肉に無理なくエネルギーが集まり正常に戻る。
全身エネルギー状態が継続することにより、治療回数が大幅に少なくてすむ。
効果
痛み、原因関連筋の解消/身体バランス回復/難病/遠隔治療
目、鼻、耳の障害の改善/美顔
●気エネルギー不足が解消すると
猫背/回旋/呼吸/重心/元気度/側湾/骨盤異常等が改善する
違和感、戻り症状が少ない/治療時間の大幅な短縮
自己治療が可能/治療後の疲労感無し
前へ戻る

Copyright(c) 1999 KIDOJUTU. All rights reserved.